呪術廻戦

【呪術廻戦】伏黒恵の名言・名シーン・名セリフ10選

呪術廻戦に登場する呪術高専東京港の一年生で二級呪術師。作中における伏黒の名言や名シーンをまとめてみました。伏黒らしいクールでかっこいい名ゼリフを振り返りたい方はこちらをご覧ください。

伏黒恵の名言・名シーン・名セリフ10選

俺は不平等に人を助ける

呪術廻戦第9話にて、虎杖の身体に顕現した宿儺に追い詰められた際の伏黒のセリフ。絶対的善人である津美紀が呪われるという不条理がまかり通ってしまう世界。そんな世の中でも、自分が「善人」と思う人間は一人でも救いたいという意志を感じさせるセリフです。

【呪術廻戦】俺は不平等に人を助ける呪術廻戦第9話にて、虎杖の身体に顕現した宿儺に追い詰められた際の伏黒のセリフ。「不平等な現実のみが平等に与えられている」「疑う余地のない...

俺は正義の味方じゃない、呪術師なんだ

呪術廻戦第10話にて、虎杖が宿儺に乗っ取られ交戦するが、虎杖が戻ってきたことに気づいた伏黒が放ったセリフ。「ヒーローのように誰でも彼でも救うわけではないが、自分が善人だと思う人間は何が何でも救いたい」という伏黒の呪術師としての在り方を感じさせられるセリフです。

【呪術廻戦】俺は正義の味方じゃない、呪術師なんだ呪術廻戦第9話にて、虎杖が宿儺に乗っ取られ交戦するが、虎杖が戻ってきたことに気づいた伏黒が放ったセリフ。「俺は、オマエを助けた理由に論理...

その人に揺るがない人間性があれば、それ以上は何も求めません

呪術廻戦第17話にて、東京校に現れた東堂に女の趣味を聞かれた際の伏黒のセリフ。真依・釘崎といった女性陣には好評でしたが、肝心の東堂からは「退屈だよ」という評価でした。伏黒はこの答えを出す前に姉の津美紀を思い出しており、伏黒の理想な女性が津美紀のような女性であることもうかがえます。

【呪術廻戦】その人に揺るがない人間性があればそれ以上は何も求めません呪術廻戦第17話にて、東京校に現れた東堂に女の趣味を聞かれた際の伏黒のセリフ。真依・釘崎といった女性陣には好評でしたが、肝心の東堂からは...

我を通さずに納得なんてできねぇだろ 弱い呪術師は我を通せない

呪術廻戦第53話にて、京都校との交流会を終え、強くなった虎杖に放った伏黒のセリフ。呪術師のような完全実力主義の世界ではこの「弱い呪術師は我を通せない」はまさになんでしょうね。これは現実の世界でもある程度当てはまることで、そんな現実を漫画を通して教えてくれているセリフなのかもしれませんね。

「嵌合暗翳庭」

呪術廻戦第58話にて、宿儺の指の受肉体として交戦する伏黒が領域展開を発動したシーン。「影の奥行きを全て吐き出す」「具体的なアウトラインは後回し」「呪力を練ったそばから押し出していけ」「自由に、限界を超えた未来の自分を」「不完全、不細工もいいとこだ」「だが今は、コレでいい」「もっと広げろ、術式の解釈を」という伏黒の心理描写もかっこよすぎです。この漫画の領域展開のシーンはやっぱりクソかっこいいですよね。

【呪術廻戦】「嵌合暗翳庭」呪術廻戦第58話にて、宿儺の指の受肉体として交戦する伏黒が領域展開を発動したシーン。「影の奥行きを全て吐き出す」「具体的なアウトラインは...

布瑠部由良由良、八握剣異戒神将魔虚羅

呪術廻戦第117話にて、重面と対峙する伏黒が調伏に巻き込むために魔虚羅を繰り出した時のシーン。伏黒のとっておき「布瑠部由良由良」の正体がようやく判明したシーン。作中序盤から登場し正体が何なのかものすごく気になっていましたが、まさかこんな化け物が出てくるとは思いませんでしたwwこの絶対に呼び出してはいけないやつを呼び出したしまった感のビジュアルが最高です。

【呪術廻戦】布瑠部由良由良、八握剣異戒神将魔虚羅呪術廻戦第117話にて、重面と対峙する伏黒が調伏に巻き込むために魔虚羅を繰り出した時のシーン。伏黒のとっておき「布瑠部由良由良」の正体が...

嘘だったら、分かるな?

呪術廻戦161話にて、伏黒が麗美に脅しをかけるシーン。あまりに怖い表情。絶対女殴ってるだろww

【呪術廻戦】嘘だったら、分かるな?呪術廻戦161話にて、伏黒が麗美に脅しをかけるシーン。あまりに怖い表情。絶対女殴ってるだろww ▼伏黒恵の名言をもっと見たい方はこちら...

たまにいるよ、オマエみたいに行動じゃなく口先が全てのクズ人間

呪術廻戦第168話にて、麗美に「私を守るって、私を好きって、言ってよぉ」と言われた時の伏黒のセリフ。伏黒がここまで怒りを見せるのも珍しいwよっぽどこういうタイプの人間が嫌いなんでしょうね。人間じゃないものを見るような目がたまりませんw

【呪術廻戦】たまにいるよ、オマエみたいに行動じゃなく口先が全てのクズ人間呪術廻戦第168話にて、麗美に「私を守るって、私を好きって、言ってよぉ」と言われた時の伏黒のセリフ。伏黒がここまで怒りを見せるのも珍しい...

俺はただ全力で降りかかる火の粉を払えばいい

呪術廻戦第168話にて、針を殺害した際の伏黒のセリフ。伏黒が死滅回游泳者を殺害することを決意したシーン。人間を殺してしまったことを真剣に悔いる虎杖に対し、目的のためなら手段を選ばない伏黒。伏黒と虎杖の違いをまざまざと見せつけられたシーンです。

【呪術廻戦】俺はただ全力で降りかかる火の粉を払えばいい呪術廻戦第168話にて、針を殺害した際の伏黒のセリフ。「何してんだ俺は」「これからも点は必要だ」「でももう津美紀に殺し合いが強制されるこ...

俺は別に、大技がないとは言ってねぇよ

呪術廻戦170話にて、レジィと交戦する伏黒が体育館を利用して完成形の領域展開を繰り出したシーン。体育館を転用したとはいえ、ついに完成した伏黒の領域展開を見ることができました。渋谷事変以降伏黒がどのくらい強くなったのか気になってましたが、領域展開を形にするほど成長していたとは驚きです。

【呪術廻戦】俺は別に、大技がないとは言ってねぇよ呪術廻戦170話にて、レジィと交戦する伏黒が体育館を利用して完成形の領域展開を繰り出したシーン。体育館を転用したとはいえ、ついに完成した...

▼呪術廻戦の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】名言・名シーン・名セリフ203選呪術廻戦における名言・名シーンをキャラクターごとにまとめています。呪術廻戦の名言や名シーンを振り返りたい方はこちらのページをご活用くださ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です