呪術廻戦

【呪術廻戦】俺は正義の味方じゃない、呪術師なんだ

呪術廻戦第9話にて、虎杖が宿儺に乗っ取られ交戦するが、虎杖が戻ってきたことに気づいた伏黒が放ったセリフ。「俺は、オマエを助けた理由に論理的な思考を持ち合わせていない」「危険だとしてもオマエの様な善人が死ぬのを見たくなかった」「それなりに迷いはしたが、結局は我儘な感情論」「でも、それでいいんだ」からのセリフです。

「ヒーローのように誰でも彼でも救うわけではないが、自分が善人だと思う人間は何が何でも救いたい」という伏黒の呪術師としての在り方を感じさせられます。直前の「俺は不平等に人を助ける」と名言で、このセリフを捕捉するセリフとなっていますね。

【呪術廻戦】俺は不平等に人を助ける呪術廻戦第9話にて、虎杖の身体に顕現した宿儺に追い詰められた際の伏黒のセリフ。「不平等な現実のみが平等に与えられている」「疑う余地のない...

▼伏黒恵の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】伏黒恵の名言・名シーン呪術廻戦に登場する呪術高専東京港の一年生で二級呪術師。作中における伏黒の名言や名シーンをまとめてみました。伏黒らしいクールでかっこいい名...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。