呪術廻戦

【呪術廻戦】俺はコイツが、コイツの魂が何度折っても息を吹き返す、百折不撓の理想を持っていると知っている

宿儺を殺す、それが今のこいつらの理想なわけだ。理想に殉ずる者をみてなぜ俺は苛立っている。同じようなやつは千年前にもいた。千年前と変わったのは俺の方・・・?小僧、そうだお前だ。千年前戦う相手は他人だった。

他者の理由も理想も全て、俺にとっては真偽の分からない後付けの遺言だ。虚勢もあったろう。自己陶酔していた者もいただろう。だが今回は違う。同じ肉体に魂を同居させていたんだ。

俺はコイツが、コイツの魂が何度折っても息を吹き返す、百折不撓の理想を持っていると知っている。

呪術廻戦248話より引用

呪術廻戦248話にて、虎杖に苛立ちを覚える宿儺がその理由を考え、理由に気づいた際のセリフ。虎杖の不屈の魂が宿儺の心を揺るがした瞬間。相変わらずこの漫画の四字熟語はかっこいい。

▼両面宿儺の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】両面宿儺の名言・名シーン・名セリフ28選呪術廻戦に登場する呪いの王、両面宿儺。作中における宿儺の名言や名シーンをまとめています。呪いの王にふさわしい唯我独尊な名言を振り返りたい...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です