呪術廻戦

【呪術廻戦】成り行きではなく明確に今一度、お前たちの理想を切り刻むことにした

呪術廻戦248話にて、今の虎杖に苛立つ理由に気づいた際の宿儺のセリフ。虎杖に受肉したことで「身の丈が大きすぎる故に理想とは無縁で理想を嫌悪する人間だった」と気づき、そして虎杖を暇つぶし相手ではなく「敵」として据えていく。虎杖によって宿儺の心が揺さぶられた瞬間である。

▼両面宿儺の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】両面宿儺の名言・名シーン・名セリフ28選呪術廻戦に登場する呪いの王、両面宿儺。作中における宿儺の名言や名シーンをまとめています。呪いの王にふさわしい唯我独尊な名言を振り返りたい...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です