呪術廻戦

【呪術廻戦】三輪、幸せになってくれ、どんな形であれオマエが幸せなら俺の願いは叶ったも同然だ

呪術廻戦第128話にて、東京に向かう新幹線の中でメカ丸が三輪に伝えたセリフ。「違ウ、弱いのは俺ダ」「弱いからやり方を間違えタ」「弱いから間違いをつき通せなかっタ」「大好きな人がいたんダ」「どんな世界になろうと俺が側で守ればいいと思っていタ」「その人が守られたいのハ俺じゃなかったかもしれないのニ」「時間ダ三輪」「さよなら、今まで」という前置きから伝えられたセリフです。

メカ丸が自身の想いを三輪に伝えたシーン。メカ丸がすでに死んでしまっているだけに大変感動的なシーンとなっています。死んでなお好きな人のことを想えるメカ丸はナイスガイすぎます。

▼与幸吉(メカ丸)の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】与幸吉(メカ丸)の名言・名シーン呪術廻戦に登場する呪術高専京都校二年の与幸吉。作中における与の名言や名シーンをまとめています。天与呪縛により生まれつきまともな生活を送る...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。