呪術廻戦

【呪術廻戦】悪意をもって人と関わることが関わらないより正しいなんてあり得ない

呪術廻戦第21話にて、吉野順平が真人に伝えたセリフ。「「好きの反対は無関心」なんて初めに言った人はちゃんと地獄に落ちたでしょうか」「「好きの反対は嫌い」です」「日本人って好きですよね」「シンプルな答えを複雑にして悦に浸るの」という言葉とともに言われたセリフです。「好きの反対は無関心」は我々の世界でもよく言われる言葉ですが、それに一石を投じたセリフとなっていますね。確かに、いじめという悪意をぶつけられた順平としては無関心よりも悪意を持たれるほうが断然嫌なはず。「好きの反対は無関心といった定説をすんなり受け入れるなよ??」というメッセージを感じさせられる良いセリフだと思います。

▼吉野順平の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】吉野順平の名言・名シーン吉野順平は呪術廻戦に登場する里桜高校に通う高校生。作中における順平の名言や名シーンをまとめてみました。学校でいじめを受けた順平だからこそ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。