呪術廻戦

【呪術廻戦】禪院直哉の名言・名シーン・名セリフ9選

禪院直哉は呪術廻戦に登場する禪院直毘人の息子で特別一級術師。作中における直哉の名言や名シーンをまとめてみました。直哉のセリフを振り返りたい方はご覧ください。

禪院直哉の名言・名シーン・名セリフ9選

三歩後ろを歩かれへん女は背中刺されて死んだらええ

呪術廻戦138話にて、真希が死にかけてると聞いた時の直哉のセリフ。令和にあるまじき男尊女卑発言をかます直哉。クズさ全開で直哉らしいセリフ。

【呪術廻戦】三歩後ろを歩かれへん女は背中刺されて死んだらええそうなん?ほなええわ。べっぴんさんやけど真希ちゃんはアカン、アレは男を立てられへん。 三歩後ろを歩かれへん女は背中刺されて死んだら...

人の心とかないんか?

呪術廻戦150話にて、甚壱の首を投げ捨てた真希を見た直哉のセリフ。「おまいう」の究極系。それでこその直哉である。

【呪術廻戦】人の心とかないんか?呪術廻戦150話にて、甚壱の首を投げ捨てた真希を見た直哉のセリフ。「おまいう」の究極系。それでこその直哉である。 ▼禪院直哉の名言をも...

アッチ側に立つんは俺や

呪術廻戦第151話にて、真希と戦う禪院直哉の心のセリフ。直哉の指す「アッチ側」とは五条悟と禪院甚爾のこと。禪院家の人間をはじめ基本人を見下している直哉ですが、強い人間のことは純粋に評価していることがわかるシーンです。強くても呪力を扱えないことで評価をされなかった甚爾にも尊敬の念を抱いている点は他の禪院家の人間とは違うところですね。

【呪術廻戦】アッチ側に立つんは俺や呪術廻戦第151話にて、真希と戦う禪院直哉の心のセリフ。直哉の指す「アッチ側」とは五条悟と禪院甚爾のこと。禪院家の人間をはじめ基本人を見...

最高速度でブチ抜いたる

呪術廻戦第151話にて、覚醒した真希と戦う直哉が投射呪法でガンガン速度を上げていったシーン。どう考えても扱うのが難しいであろう投射呪法を連続で発動させることができる直哉はまぎれもなく天才でしょう。性格は終わってるしても、作中でも屈指の実力者であったことは間違いないことがわかるシーンです。

【呪術廻戦】最高速度でブチ抜いたる呪術廻戦第151話にて、覚醒した真希と戦う直哉が投射呪法でガンガン速度を上げていったシーン。どう考えても扱うのが難しいであろう投射呪法を...

僕も来たで、こっち側

呪術廻戦191話にて、呪いとなって真希の前に現れた直哉のセリフ。直哉が呪霊となって再登場するというまさかの展開。ただこの見た目からはやられる未来しか見えないw

【呪術廻戦】僕も来たで、こっち側呪術廻戦191話にて、呪いとなって真希の前に現れた直哉のセリフ。直哉が呪霊となって再登場するというまさかの展開。ただこの見た目からはやら...

カスが、空気読めや

呪術廻戦192話にて、変態を遂げた直哉が憲紀を殴り飛ばしたシーン。あまりにも禍々しい姿。そして、直哉がまったく反応できないほどのスピードに絶望感を感じるシーンである。

【呪術廻戦】カスが、空気読めや呪術廻戦192話にて、変態を遂げた直哉が憲紀を殴り飛ばしたシーン。あまりにも禍々しい姿。そして、直哉がまったく反応できないほどのスピード...

その速度はマッハ3に達する

呪術廻戦193話にて、呪霊化した直哉がトップスピードとなり真希に突っ込んでいくシーン。呪霊化し強くなった直哉のトップページはまさかのマッハ3。マッハ3は時速約3700km。新幹線の10倍の速さとなっております。

【呪術廻戦】その速度はマッハ3に達する呪霊直哉の体は音速で吸気口から取り込んだ空気をラム圧と呪力で圧縮し、体外へ排気することで更に推進力を得る。 その速度はマッハ3に達...

そこに立つんは、俺や!!!!

呪術廻戦197話にて、直哉が人間体に戻り領域展開を発動したシーン。呪霊化した直哉が人間体となり、領域展開まで繰り出した衝撃的シーン。投射呪法がどんな領域展開に応用されるのか気になりすぎる。

【呪術廻戦】そこに立つんは、俺や!!!!呪術廻戦197話にて、直哉が人間体に戻り領域展開を発動したシーン。呪霊化した直哉が人間体となり、領域展開まで繰り出した衝撃的シーン。投射...

領域展開「時胞月宮殿」

呪術廻戦198話にて、直哉が領域展開を発動したシーン。直哉の進化と執念を感じられるシーン。領域の形状が子宮なのも不気味で良い。

【呪術廻戦】領域展開「時胞月宮殿」呪術廻戦198話にて、直哉が領域展開を発動したシーン。直哉の進化と執念を感じられるシーン。領域の形状が子宮なのも不気味で良い。 ▼禪院...

▼呪術廻戦の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】名言・名シーン・名セリフ203選呪術廻戦における名言・名シーンをキャラクターごとにまとめています。呪術廻戦の名言や名シーンを振り返りたい方はこちらのページをご活用くださ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です