呪術廻戦

【呪術廻戦】夜蛾正道の名言・名シーン

呪術廻戦に登場する呪術高専東京校の学長で一級呪術師。作中における夜蛾の名言や名シーンをまとめてみました。夜蛾の校長らしい気づきのある名ゼリフを振り返りたい方はこちらをご覧ください。

夜蛾正道の名言・名シーン

自分が呪いに殺された時もそうやって祖父のせいにするのか

呪術廻戦3話にて、呪術高専に来た理由を訪ね、「祖父の遺言で人を助けたい」と答えた虎杖に対して放ったセリフ。「気づきを与えるのが教育だ」という指針の夜蛾らしいセリフです。

【呪術廻戦】自分が呪いに殺された時もそうやって祖父のせいにするのか呪術廻戦3話にて、呪術高専に来た理由を訪ね、「祖父の遺言で人を助けたい」と答えた虎杖に対して放ったセリフ。「気づきを与えるのが教育だ」と...

呪術師に悔いのない死などない

呪術廻戦3話にて、虎杖に呪術高専に来た理由を尋ねた夜蛾が言ったセリフ。呪術師がいかに過酷な仕事かを思い知らされるセリフとなっています。

【呪術廻戦】呪術師に悔いのない死などない呪術廻戦3話にて、虎杖に呪術高専に来た理由を尋ねた夜蛾が言ったセリフ。「死に際の心の在り様を想像するのは難しい」「だが、これだけは断言で...

大人の後悔はその後で良い

呪術廻戦第54話にて、楽巌寺にまだ虎杖が嫌いかを聞き「好き嫌いの問題ではない」「呪術規定に基づけば虎杖は存在すら許されん」「彼奴が生きているのは五条の我儘」「個のために集団の規則を歪めてはならんのだ」「何より虎杖が生きていることでその他大勢が死ぬかもしれん」と言われた時に夜蛾が言ったセリフ。同じ学長でも保守派の楽巌寺と夜蛾は考え方が違います。夏油と五条の件もあり、若い世代には後悔のない選択をしていってほしいのかもしれませんね。

呪いですよ、楽巌寺学長

呪術廻戦第147話にて、夜蛾が死の間際に楽巌寺に伝えたセリフ。完全自立型人工呪骸の製造方法を伝え、「私からアナタへの呪いです」という言葉を残し夜蛾が死んでしまいました。渋谷事変で次々と主要キャラが死んでいき、夜蛾までここで死んでしまうことになるとは思いませんでしたね。夜蛾からの楽巌寺への呪いが今度どのように物語に関わってくるのか気になるところです。

【呪術廻戦】呪いですよ、楽巌寺学長呪術廻戦第147話にて、夜蛾が死の間際に楽巌寺に伝えたセリフ。完全自立型人工呪骸の製造方法を伝え、「私からアナタへの呪いです」という言葉...

▼呪術廻戦の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】名言・名シーン・名セリフ203選呪術廻戦における名言・名シーンをキャラクターごとにまとめています。呪術廻戦の名言や名シーンを振り返りたい方はこちらのページをご活用くださ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です