推しの子

【推しの子】『偶像』にさせられた

特に芝居は雄弁だ。ルビーの芝居は雄弁に語っていた。星野アイはどこにでも居る少女だったと。愛が与えられず人を信じられず臆病で繊細で、友人とのすれ違いで傷つくようなどこにでも居る少女だったと。

だから彼女は嘘をついた。弱い自分をまるごと覆い隠すような大きな嘘を。いつも笑顔でネガティブな感情を一切表に出さず、綺麗で清楚で純粋で、どんな人間も深く愛し裏切らない。誰もが愛せる愛玩動物のような人間。そんな人の醜い欲望を詰め込んだような存在に。

『偶像』にさせられた。

ルビーの目は語っていた。ママを、そんな偶像にしたのはお前らだ。親も周りの大人も友達ですら、アイの才能とキャラクターと本当の人間性を結び付け、心がある人間として扱わず、そういうものだと理解を放棄し、星野アイという個人の存在を認めなかった私たち全員のせいだ。

推しの子137話より引用

推しの子137話にて、ルビーが本当のアイの姿を演じていったシーン。アイの本質がついに明かされた瞬間。「アイがどういう存在か」というのがついに作中で明かされていきましたね。

▼星野ルビーの名言をもっと見たい方はこちら▼

【推しの子】星野ルビーの名言・名シーン・名セリフ15選まあそうだよね、そんなわけないか・・・さりなは前世の名前だし 推しの子第3話にて、ルビーの前世がさりなだと明らかになったシーン...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です