呪術廻戦

【呪術廻戦】懸けられるわ、私が私であるためだもの

呪術廻戦第5話にて、虎杖に呪術高専に来た理由を聞かれ「田舎が嫌で東京に住みたかったから」と答え、「そんな理由で命懸けられんの?」と返された時に釘崎が放ったセリフ。釘崎は「あの村にいたら私は死んだも同然」「沙織ちゃん、私東京に来たよ」「いつか会えたらあの時言ってたお店連れてってね」とも考えていました。自分を強く持つ釘崎らしいセリフです。

▼釘崎野薔薇の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の名言・名シーン呪術廻戦に登場する呪術高専東京校の一年生で三級呪術師。作中における釘崎の名言や名シーンをまとめてみました。釘崎らしい煽り力の高い名ゼリフ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。