呪術廻戦

【呪術廻戦】自分を肯定するためにいつもの自分を曲げちまった

呪術廻戦第75話にて、五条の虚式「茈」を食らい致命傷を負った禪院甚爾のセリフ。「違和感」「「タダ働きなんてゴメンだね」、いつもの俺ならそう言ってトンズラこいた」「だが、目の前には覚醒した無下限呪術の使い手、恐らく現代最強と成った術師」「否定したくなった、捩じ伏せてみたくなった」「俺を否定した禪院家、呪術界その頂点を」という前置きからのセリフです。

普段の自分を曲げてしまうことが破滅に繋がることを教えてくれる甚爾のセリフ。プライドが身を滅ぼすケースは現実でもよくある話ですよね。

▼禪院甚爾の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】禪院(伏黒)甚爾の名言・名シーン4選禪院甚爾は呪術廻戦に登場する伏黒恵の父親。作中における甚爾の名言や名シーンをまとめてみました。甚爾のセリフを振り返りたい方はご覧ください...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。