呪術廻戦

【呪術廻戦】こういう漠然とした渇きっていうのは厄介だぜ

呪術廻戦第177話にて、乙骨と対峙する石流が放ったセリフ。「俺の一度目の人生は腹八分目ってとこだった」「骨のある奴とも戦った、いい女にも巡り会った」「正直悔いが残るかって言われるとそうでもねぇ」「こういう漠然とした渇きっていうのは厄介だぜ、乙骨」「皆「何が不満だ?」って面で俺を見やがる」「このタバコ、吸った後少し甘いんだ」「俺の人生にはデザートがなかった」というセリフの中で使われている。

望んだものを手にしてしまえる力があるからこその悩みなのでしょう。正直私のような一般人には刺さらないですがw、成功者とかは同じ悩みを抱えているのかもしれませんね。

▼石流龍の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】石流龍の名言・名シーン8選石流龍は呪術廻戦に登場する仙台結界の泳者の一人。作中における石流の名言や名シーンをまとめてみました。石流のセリフを振り返りたい方はこちら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。