呪術廻戦

【呪術廻戦】この一撃は領域を展開するまでもなく、必中の大気を裂く稲妻である

鹿紫雲は電気と同質の自らの呪力を電荷分離する。打撃と共に対象にプラス電荷を移動させ、自身に蓄えたマイナス電荷を地面方向への放電をキャンセルしつつ対象へ誘導する。

この一撃は領域を展開するまでもなく、必中の大気を裂く稲妻である。

呪術廻戦184話より引用

呪術廻戦184話にて、お姉ちゃん核に変身したパンダに鹿紫雲が放電攻撃を繰り出したシーン。鹿紫雲の術式が稲妻を放つというシンプルにして強力な能力であることが明らかになったシーン。強力な上にかっこいい。

▼鹿紫雲一の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】鹿紫雲一の名言・名シーン2選鹿紫雲一は呪術廻戦に登場する死滅回游の泳者。作中における鹿紫雲の名言や名シーンをまとめてみました。鹿紫雲のセリフを振り返りたい方はご覧く...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。