呪術廻戦

【呪術廻戦】周りに味方が何人いようと死ぬときは独りだよ

呪術廻戦第58話にて、稽古をつける伏黒に「他の術師との連携は大事でしょ」と言われた時に五条が放ったセリフ。「例えばさぁ、この前の野球、なんで送りバントしたの」「自分がアウトになっても野薔薇の塁を進めたかった?それはご立派」「でも、悠仁や僕なら常にホームランを狙う」「バントが悪いって言ってんじゃないよ、野球は団体競技それぞれに役割があるからね」「でも、呪術師はあくまで個人競技」「君は自他を過小評価した材料でしか組み立てができない」「少し未来の強くなった自分を想像できない」「君の奥の手のせいかな、最悪自分が死ねば全て解決できると思ってる」「それじゃ、僕どころか七海にもなれないよ」「「死んで勝つ」と「死んでも勝つ」は全然違うよ、恵」「本気でやれ、もっと欲張れ」というセリフとともに伝えられました。

普段ちゃらんぽらんですが、こと呪術師の話になると異様な説得力があるのが五条の魅力ですね。伏黒が領域展開をつかむきっかけとなった言葉で、このセリフのおかげで伏黒が強くなったと言っても過言ではありません。

▼五条悟の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】五条悟の名言・名シーン・名セリフ12選五条悟は呪術廻戦に登場する呪術高専東京校の担任で特級呪術師。作中における五条の名言や名シーンをまとめてみました。五条のかっこいいセリフや...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。