呪術廻戦

【呪術廻戦】身長と尻がデカイ女がタイプです

呪術廻戦第16話にて、交流戦に出る伏黒が乙骨の代わり足りうるかどうかを確かめるために「どんな女がタイプだ」と質問し、自分のタイプを先に伝えた東堂のセリフ。東堂の代名詞とも言えるセリフ。あえて内面には一切触れず、「タッパとケツがデカイ女」と言い切る東堂の潔さが存分に表れたセリフとなっています。この感じで強いから東堂はかっこいいし成り立っているんですよねw

▼東堂葵の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】東堂葵の名言・名シーン呪術廻戦に登場する呪術高専京都校の三年で一級呪術師。作中における東堂の名言や名シーンをまとめてみました。東堂の漢臭いセリフや名シーンをご...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。