ヒロアカ

【ヒロアカ】泣いていた少年はもうとっくに乗り越えた、どこまでも解釈を拡大し、少年(おれ)は死柄木弔(おれ)になった!

人は狭い窓から世界を解釈しようとする・・・。理解のできない物事に理由をつくって楽になろうとする。おまえは自分の狭い解釈に俺を落とし込みたいだけだ。

見えてんだろ。俺に幽霊どもが見えてるように、OFAを通じて俺の中が・・・。だから煙の中、おまえも俺を捕捉できた。しっかり見ろ。

泣いていた少年はもうとっくに乗り越えた、どこまでも解釈を拡大し、少年(おれ)は死柄木弔(おれ)になった!

俺ぁ何も困っちゃいないんだよ!

ヒロアカ412話より引用

ヒロアカ412話にて、「だからって、泣いていたあの少年を諦めはしない」と言うデクに死柄木が返したセリフ。死柄木の現在の自身への認識が理解できるシーン。死柄木は言ってることに説得力あるよな。

▼死柄木弔の名言をもっと見たい方はこちら▼

【ヒロアカ】死柄木弔の名言・名シーン・名セリフ7選あんなゴミが祀り上げられてるこの社会を、滅茶苦茶にブッ潰したいなァとは思ってるよ ヒロアカ49話にて、ステインに目的を語った死...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です