呪術廻戦

【呪術廻戦】呪術師は嘘ついてなんぼ、か

呪術廻戦第172話にて、玉犬の使用はないと踏んでいたレジィが、最後まで切り札として隠し持っていた伏黒の玉犬にやられた時のセリフ。この相手のことを認めている感じが強者感あっていいですよね。お互い搦め手系の術式とあって、ブラフの張り合いが繰り広げられてましたが、伏黒のブラフが一歩上をいく良いバトルだったと思います。

▼レジィ・スターの名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】レジィ・スターの名言・名シーンレジィ・スターは呪術廻戦に登場する死滅回游泳者の一人。作中におけるレジィの名言や名シーンをまとめてみました。レジィのセリフを振り返りたい...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。