呪術廻戦

【呪術廻戦】君といると益々自分を嫌いになりそうだ

呪術廻戦第167話にて、「アンタさえ良ければ俺達を手伝ってくれないか?」と虎杖に言われた時の日車のセリフ。「余った2点は東京に来る前俺が殺した裁判官と検事のものだ」「結界が開けたら自主でもするかな」「それまでは自分が何をすべきか考える」という前置きからのセリフです。

正義感が強い日車だからこそ、宿儺の大量虐殺に真っ直ぐ向き合う虎杖とは一緒にいれなかったのでしょう。2人はある意味似た者同士なのかもしれませんね。そんなことが垣間見えたシーンです。

▼日車寛見の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】日車寛見の名言・名シーン日車寛見は呪術廻戦に登場する死滅回游の泳者である弁護士。作中における日車の名言や名シーンをまとめてみました。日車のセリフを振り返りたい方...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。