呪術廻戦

【呪術廻戦】刀を含め全身から常に呪力が立ち昇ってる

呪術廻戦第140話にて、乙骨の圧倒的呪力量に苦戦する虎杖の心のセリフ。「パワーがなくてもとんでもねぇ呪力量だ」「アレは一流ほど呪力操作の精度が高いから直前まで攻撃が予測できないという意味だ」「でもこの人は、刀を含め全身から常に呪力が立ち昇ってる」「動きを読む読まない以前の問題」「全ての攻撃が決定打に成り得るし、全てのダメージを最小限に抑えられる」というセリフでした。

現在の乙骨のスペックが判明したシーン。五条を超える呪力量ということで、乙骨の圧倒的強さが明らかになりました。こういう「呪力量が桁違いゆえに攻撃力と防御力が最強」というシンプルな強さのキャラはかっこいいですね。

▼乙骨憂太の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】乙骨憂太の名言・名シーン・名セリフ18選呪術廻戦に登場する呪術高専東京校の二年生で特級呪術師の乙骨憂太。作中における乙骨の名言や名シーンをまとめてみました。乙骨のかっこいいセリ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。