呪術廻戦

【呪術廻戦】母さんも僕も人の心に呪われたって言うのか

呪術廻戦第26話にて、「順平の動機は知らん」「何か理由があるんだろ」「でも、それは本当にあの生活を捨ててまでのことなのか?」「人の心がまやかしなんてあの人の前で言えんのかよ」と問われた時に吉野順平が返したセリフ。「人に心なんてない」「ないんだよ」「そうでなきゃ、そうでなきゃ」という前振りから発せられたセリフです。

大好きだった母親を理不尽に殺された順平の悲痛の叫びとなります。この虎杖のセリフによって一度考え直した順平でしたが、真人の謀略に母親を殺され闇堕ちさせられてしまいました。

【呪術廻戦】命の価値が曖昧になって大切な人の価値まで分からなくなるのが俺は怖い呪術廻戦第24話にて、吉野順平に「人を殺したことある?」「でも、いつか悪い呪術師と戦ったりするよね」「その時はどうするの?」と聞かれた時...

そして、直後真人によってあんな姿にされてしまうという。やはり真人は許すまじ。

▼吉野順平の名言をもっと見たい方はこちら▼

【呪術廻戦】吉野順平の名言・名シーン吉野順平は呪術廻戦に登場する里桜高校に通う高校生。作中における順平の名言や名シーンをまとめてみました。学校でいじめを受けた順平だからこそ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。